あどみんの部屋
検索検索

一件も該当データはありません。
 


                                                                                                                  TEL 048-571-0774  FAX:048-571-8221 E-MAIL:ooyori-e@ooyori-e.ed.jp
 

お知らせ

 


<学校HPバーコード>            

来年度大寄小へ入学する皆様へ
 入学説明下は、平成31年2月6日(水)です。
8時45分受付 9時開始です。よろしくお願い致します。
 

日誌

新規日誌2
2018/09/18

いじめ撲滅集会

| by:校長
いじめ暴力根絶強化月間集会みんなでいっしょに取り組もう   h30,9,18
 9/1-30は大寄小学校いじめ暴力行為根絶強化月間です。わかりやすく言うといじめ暴力をなくすためにみんなで一緒に考えてらいたい期間です。そして、今日はその話をします。
 はじめに、今日は「いじめをなくす」ことについて話をします。はじめに「いじめ」とか「イヤな思い」といった言葉もありますが。いじめとはどんな意味でしょうか。調べるといじめは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のあるものから、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの・・」と定義されています。
 いじめ防止対策推進法第2条という法律に書かれています。法律で決められたのですね。学校の中に法律があるのです。
 具体的にいじめをうけたというのはどんな内容があるとおもいますか。深谷市内の小中学校で一番多いのは・からかう(追いかけたり)、悪口、いやなことをいわれる(書かれる)次に・パソコンでいやなことされる。そして・仲間はずれ、集団で無視・遊ぶふりしてたたかれたりするなどが多いようです。
 県の調査では40%くらいの児童がいじめを受けたり、反対にいじめをしたという結果があります。合わせて80%ですからいじめは、いつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があるといえます。誰でも同じような経験があると思います。
 調べてみると、どのケースも初めは「あそびのつもり」「ふざけていた」とか、相手も楽しんでいたから続けた。いじめた人に聞くと「そんなつもりはない」とか「遊び」から始まりました。始まりはみんなあると思います。2回3回とそれがつづくと(はじめに言った人、それ以外の人も加わり)それが続きエスカレートして、中には学校に来れなくなったりなどとても悲しい思いが続く人がいます。大きな社会問題にも発展しています。どうして続くのでしょうか。考えてみて下さい。
 この図はいじめが起きたときの関係をつくったものです。たとえば、BさんがAさんに冗談のつもりで○○に似ている といいました。Aさんははじめは笑っていましたが、合うたび何度も○○に似ているといわれたり、笑ったり、何かに書かれたり次第にエスカレートし、Aさんもだんだんいやな気持ちになってきました。
 そのうちにBさんの友だちCさんたちからも○○に似ている とたくさんの人から言われたり、笑われたりしました。しかし、同じクラスのDさんたちは、○○に似ているといいませんでしたが、クラス内のことを知らなかったり、なんとなく知っていた人もいたり、関わりたくないという人がいました。そうしたことが続きAさんは学校に来るのがイヤになってしまいました。中には休む日が続く人もいるようです。よくある話です。
 BさんやCさんが悪いのはわかりますが、Dさんたちはこれでいいのでしょうか。聞くと「知りませんでした」といいます。いじめはいつでもどこでだれにでもあるのです。誰かが何か行動を起こしてくれれば変わる場合が多いです。どんな行動がありますか。
 例えば、「Aさん、だいじょうぶ」とか「気にしなくていいよ、私がいるから」など慰めたり、相談に乗ってあげる。これは、すぐにできそうですね。Dさんひとりでなく何人かでやることでしょう。そして、Aさんを元気づけ支え先生に相談することが解決の近道になります。まわりの人はいじめられていることはわからない場合が多いです。でも感じて下さい。いつもと違う様子を。
 あるいは、BさんとなかのよいEさんに頼んでやめてもらうこともできるかも知れません。○○に似ているといわなくても「関わらない、知らない、見て見ぬふり」ではいじめを解決していない、それはいじめをしていることと同じ行動になります。
 いじめだけでなくクラスの中で問題などが起きたときに俺はやっていないから関係ないと自分で決めている人がいるでしょうか。これではクラスは良くなりません。クラスは大丈夫ですよね。
 もういちどそれぞれの立場の人について考えてみます。
 では、いじめはなぜいけないかは・・自分にしてほしくないことを相手にしてしまうこと。(みえないところで)ひきょうで (自分が楽しいと感じている)はずかしいことになります。
 しかし、県の小6調査では96.6の児童がいじめは、どんな理由があってもいけないことだとおもっています。100%ではないです。
 さて、いじめ暴力行為根絶強化月間の取り組みは深谷市内でどこの学校もこの9月は取り組んでいますが、ここで県の取り組みの一部を紹介します。
(県知事の上田きよしさんは(知事というのは小島さんと同じ))埼玉県いじめ問題対策会議での行動宣言で「いじめは犯罪」と訴えました。そしてリーフレットもつくられました。
 大寄小学校では(「そして何より、みなさんが力・・・」あわせてクラス児童会で「大寄小なかよし宣言」をつくりました。校長先生はいつも朝これをみてスタートしています。「友だちを大切にします」・・昨年のものですが、人の心を思いやる、想像することができる、豊かな心が大切です。そして、みなさんにも「なかよし宣言」つくり目に触れるところに掲示し、日々思いやりの気持ちをつくっていきましょう。
 目標を持ってひとつひとつ前進、中身をつくることが「~根絶」の近道になります。「いじめをしない」ために学校にきている人はいないと思います。
 9月のこの時期、学校ではたくさんの行事があります。一つのことをみんなで頑張ることはとても大切です。その行事の好き嫌いはあるかも知れませんがそれよりも、みんなでやることを優先し、たのしさを実感してもらいたいと思います。あわせて、学校は学ぶところ。みなさん一人一人が学力を高めることです。それには授業でわかる、わかるから楽しい楽しいからもっと学習する。そして次は来年は将来は・・・・  と考えていくのでしょう。
 最後に確認しましょう。ひとつひとつ前進、中身をつくる。思いやり、楽しい学校、よい学校を築いていきましょう。
16:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/29

2学期始業式の言葉

| by:校長
2学期始業式の言葉        30,8,29
   「なかみをつくろう」 「ひとつひとつ前進」
 おはようございます。
 今日は第2学期の始業式です。142名の皆さんが、夏休みを事故もなく、大病もなく、元気に登校できて本当によかったと思います。
 さて、この夏は、「酷暑(こくしょ)」または「災害」と言われるくらい厳しい暑さが続く異常気象でした。となりの熊谷市では7月23日に全国観測史上1位となる41.1度を記録しました。また、7月、8月あわせて14の台風も発生しました(7月は5、8月は9)。
そうした中、7月の豪雨により被災された方々や被災地の一日も早い復興を祈る日々が続いています。
 夏休みは、普通の生活をするだけでも暑くて大変でしたので、夏休みの宿題を終わらせるのも大変だったでしょう。そんな中、学校にあるプリントボックスに問題を取りに来た子どももたくさんいました。宿題を済ませ、自主学習に取り組む姿は「鍛える」そのものでとても感心しました。
 さて、この夏休みもテレビを中心にたくさんのスポーツの大会がありました。みなさんはみましたか?私たちに感動を与えたりや勇気づけられたシーンもたくさんありました。そこで、簡単ですが2つ紹介します。
 一つは、高校野球、準優勝した金足農高の選手が同じ9人で健闘しましたが、あと一歩でした。決勝戦の前日、優勝した大阪桐蔭高の選手へのインタビューでは「明日(決勝戦)1日のためにこれまでやってきました。・・」と短く力強く答えていました。
 もう一つは、同じ時間に中学校の陸上の全国大会がテレビ放映されていました。男子400mリレーでは幡羅中学校が出場し、0.04秒差で惜しくも全国2位でした。優勝した大阪の中学校リレーのメンバーの一人は「昨年4位でとても悔しい思いをした。この一年優勝するためにがんばりました。・・」と力強いコメントをしていました。
 よい成果は選手の日々の努力の賜と思いますが、おそらく目標(夢)を達成するために目標(夢)を持ち続け、長い期間努力してきたのでしょう。テレビ放映された選手の表情は引き締まっているように見えました。特に「目の輝き」「気持ちの入った言葉」からは、絶対に優勝したいという思いが伝わってきました。努力は、決して人を裏切りません。がんばった分だけ成果となって現れます。ですから、みなさんも大きな夢・目標をもち、しっかりとした目標を立て、努力してほしいと思います。
 さて、いよいよ今日から2学期が始まりました。2学期はいろいろな行事もあります。運動や勉強もあります。学級の係活動もあります。家でのお手伝いもあります。何か目標をしっかり決め、達成するために毎日一つ一つやりきってください。今、挑戦・チャレンジしていることを満足できるところまでやってみてください。運動でも勉強でも、それ以外のことでも、これ以上できないというところまでやると、がんばったなぁと感じることができます。
 1学期は「かたちをつくる」ことの大切さについてたくさん触れてきました。かたちがないとなかみ(中身)はつくれません。2学期は「なかみをつくろう」です。実りある2学期にするためには、1学期の取組をふり返り、できたものはさらに高め、できなかったことは努力を続けましょう。特に、「あいさつ」については引きつづき頑張りたいところです。中身をつくるためにも形がしっかりしていないだめです。あいさつはかたちを作る基本です。
 最後になりましたが校長先生の目標としては、2学期はみなさんが成長するためにも大切な学期です。毎日毎日、一時間一時間の取組を確実にし、ひとつひとつ積み上げていきましょう。それが目標の近道です。「ひとつひとつ」、「ひとつひとつ前進」を合い言葉に「深谷の子、6つの誓い」「あいさつ日本一」など引きつづき取り組みます。それでは2学期実りある学期にしていきましょう。以上です。
17:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/20

1学期終業式の言葉

| by:校長
1学期終業式の言葉  よく考える子思いやりのある子がんばりぬく子 30,7,20
 おはようございます。
 今日は第1学期の終業式です。終業式というのは、1学期の勉強の締めくくりをし、夏休みを迎える心構えをつくる日です。今日は1学期の「まとめと仕上げ」をする最後の日です。大寄小学校には教育目標があります。どのクラスにも教室の中心にあります。体育館にもあります。「夢と目標を持ち お互いを支え合う 笑顔があふれる学校」をスローガンに、「よく考える子」「思いやりのある子」「がんばりぬく子」の3つを目標としてあげています。
 目標に対して皆さんは何をやったか、ふり返ることが大切です。取組に対して何をやったか。今学期の様子の一部ですが、スライドを見て自分自身振り返ってみましょう。スライドをみて
鮫島さんのスライドと説明  色紙紹介
 上敷免に住んでいて、渋沢栄一など深谷の歴史について研究している荻野勝正さん(学校運営協議会)が7/4水に来校しました。そして、額と色紙をいただきました。渋沢栄一翁のお孫さんに当たるエッセイストの鮫島純子さん(95歳 写真)が大寄小の皆さんにむけたメッセージです。なかなかないことです。まごころと思いやり と書かれています。暗唱にもありました。そう、忠恕の心です。私はすすんであいさつをします。私は脱いだ靴をそろえます。私は心のこもった言葉を使います。そう成長してほしいと願っているのでしょう。
・・72日の学校生活でした。写真を撮っていて感じたことがありました。
・・・「日々前進」でしたね。こうして皆さんの様子を見ると心は見えないですが心づかいや成長はいろんな場面で感じられました。いま聞く態度もあいさつもです。
 さて、皆さんは、これから教室にいってあるものを先生からもらいます。2年生以上の人はわかりますね。通信票です。この通信票には、皆さんの1学期のあゆみが記録されています。あゆみとは、あ・・あなたが歩いてきた足跡を ゆ・・ゆっくり、 み・・みてみましょう  という意味があります。ですから、通信票で、自分自身のがんばったところを見つけてください。
 学習はどうだったか。生活はどうだったか、というように自分のよいところさがしをしてください。そして、これから何をがんばったらよいのか、を見つけてください。 先生たちは、皆さんのよいところをずっとみつけながら、この二週間、休みの日も来て、夜遅くまで頑張って、通信票を仕上げました。だから通信票をいただくとき、「ありがとうございます」といっていただきましょう。必ず言ってください。
鍛える夏やすみにしよう スライド
学校たよりにおうちの方に次のようなお願いをしました。・・・子どもたちの生活のほとんどが学校生活から家庭生活に移ります。長い休みになりますので、日頃取り組むことができないことにチャレンジさせてください。心と体を鍛える大切なチャンスです。休んでいては成長しません。夏休みも「日々前進」です。普段、子どもたちは学習や清掃、当番、係活動などきちんとしています。夏休み中、保護者の皆様と一緒に家の仕事を手伝わせてください。たくさんの課題(宿題)も出しました。課題は、1日では終わらない内容になっています。夏休み前、各学級で指導はしましたが、もう一度、子どもと保護者の皆様で夏休みの課題について話し合い、時には、子どもが宿題をするさいに一緒に同じ時間を過ごすなど、「ふれあう時間」をつくっていただけるとありがたいです。計画的に取り組み、最後に慌てず、余裕で夏休みを終わらせてください。「日々前進」忘れないで下さい。最後のスライド
 8月29日(水曜日)、第2学期の始業式にまた、みんなで元気に会いましょう。成長した皆さんに会えるのが楽しみです。日々前進の夏休みにしてください。終わります。
11:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/03

7月全校朝会

| by:校長

7月全校朝会 「かたち」から「中身」をつくろう 
                                h30,7,3

 おはようございます。7月に入りました。1学期も今日を入れるとあと13日の登校となりました。まとめの時期になりました。みなさんの学習、生活、運動・・・よいまとめをしましょう。具体的には、テストの点をよくする。家庭学習を出す。読書の目標を達成する。忘れ物をしない・・・しっかりとやることをやり力を発揮しましょう。それが仕上げです。前置きが長くなりましたが本日は2つお話しします。一つ目はあいさつです。

 6月の終わりに1年生が生活科の学習で校長室にきてお話をしました。その中で、「校長先生の仕事は何ですか」という質問がありました。「大寄小学校をよい学校にすることです」と答え、加えて「そのために、みなさんにあいさつをがんばってもらうことです」と答えました。今日は児童会の皆さんにも一緒に考えていただくことにしました。このあと児童会の皆さんに簡単な劇をしていただきます。

 毎朝の登校のとき、校長先生があいさつをします。
① だまって通り過ぎる。
② 下を向いて「おはようございます」と言って通る。
③ 目を見て「おはようございます」と言って元気に通る。
④ 校長先生よりも先に「おはようございます」と言って元気に通る。

⑤ 校長先生よりも先に止まって「おはようございます」と言って元気に通る。
 皆さんはどんな感想を持ちましたか。先月の朝会では、かたちを作ろうという話をしました。
 あいさつは「かたち」からはじめることを言いました。「かたち」が整うと「なかみ」が整います。「なかみ」とは、よい気持ち、うれいし気持ちなど、人と人、こころをつなぐことです。③④はこころをつなぐあいさつです。⑤はスーパーあいさつです。大寄小学校はあいさつ日本一を目指します。みんなで日々前進していきましょう。

二つ目は読書と暗唱です。 
6月は、あじさい、読書月間でした。教室や廊下にあじさいの花びらがたくさんついていましたね。目標が達成できたのでしょうか。1~3年生が20冊、4~6年生が750ページ、目標達成しましたか。
 読書は、私たちに言葉という智恵を与えてくれます。読書は私たちに夢や希望を与えてくれます。読書はわたしたちの心を育ててくれます。だから小学校生の時からしっかり本を読みましょう。

 読書とは違いますが、皆さんがとても一生懸命に取り組んでいる一つに暗唱があります。暗唱は、文の意味がわからなくてもいいのです。言葉を繰り返し、繰り返し読むことで、あとで意味もわかってきます。暗唱は、私たちに言葉や文章を頭の引き出しにためてくれます。今、使うことができなくても、いつか役に立つことがあります。そのときのために暗唱もとても大切なことなんです。6月は「雨にも負けず・」でした。長い内容でしたがとても一生懸命に挑戦してくれました。読書と同時に暗唱することも頑張ってみてください。

 まとめと仕上げを意識して生活して下さい あと13日です。
しっかりと取り組んで下さい。以上で校長先生のお話を終わります。


10:47 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/07/03

前期人権週間

| by:校長

前期人権週間の言葉  「ウサギとカメ」                     H30.5.29

 みなさんおはようございます。
 元気な声と話を聞いてもらえる姿勢が伝わります。気持ちがいいです。頭が動いている人もほとんどいません。
 今日は「人権」じんけん と言うことについてお話をしたいと思います。みなさん、人権とはどんな意味ですか。高学年のみなさんは分かると思いますが、調べると「人間が人として本来持っている権利」と書いてあります。では、「人間が人として本来持っている権利」とは何でしょう。わかりやすく言うと、「すべての人が楽しく満足のいく生活できること」だと思います。1年生から4年生はとてもも難しいでしたので、みなさんが知っているお話をします。

 「ウサギとカメ」のお話です。 ある日、走るのが得意なウサギさんは、カメさんに向かって「キミは世界で一番歩くのが遅いね。どうしてそんなにのろいんだい」とからかったので、二人で向こうの山のふもとまで「駆け比べ」(かけっこくらべ)をすることになりました。でも、カメさんをばかにしたウサギさんは途中でひるねをしてしまったので、結局休まずに一生懸命走ったカメさんが勝ちました。と言うはなしです。

 ところでウサギさんはどうしてカメさんに向かって「世界で一番歩くのが遅いね。」などとひどいことを言ったのでしょうか。カメさんは、走るのが苦手ことを毎日悩んでいたと思います。きっと悲しかったと思います。
 ウサギさんは、カメさんが歩くのが遅いね 悩んでいた、悲しかった そんなカメさんの気持ちを考えていたのでしょうか。あるいは、自分が言われてイヤなことを言われたらどう思いますか。カメさんが泳ぎ比べをしようと言ったらウサギさんはどんな気持ちになりますか。

 今日は少し話が長くなりますがもう一ついてください。みなさんの人権作文を読みましたその中でのお話です。人のいやがること、悪口、落書き、からかって笑う、ちくちく言葉・・など考えてもらいたいことの内容もありました。ふざけでなくイヤな気持ちにさせることは絶対にしてはいけないことです。

 人は、それぞれ得意のこと、苦手なことが違います。それだけでなく生活の仕方、考え方もそれぞれ皆違います。自分が得意だから人をばかにしたり、笑う、いいことではありません。ですから、友達と話すときなどいつも相手の気持ちを考え相手にイヤな気持ちをさせないようにお話ししたり、行動していくことが大切です。
 これからも 夢と目標をもち、互いに支え合い 笑顔あふれる大寄小学校であるように「思いやりの心」をもって生活しましょう。
以上で、校長先生の話を終わりにします。


10:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/07/03

5月全校朝会

| by:校長

5月全校朝会 「日々前進のためにかたちをつくろう」 
                                h30,5,8

 おはようございます。1学期が始まって1ヶ月が過ぎました。
 今日は二つのお話をします。一つ目は、開校記念日のことです。大寄小学校は、5月4日で130歳を迎えました。こんなに長い伝統をもっている学校は、深谷市内でも少ないです。大寄小学校について少しお話をします。大寄小学校は、明治21年に内ヶ島の永光寺(市の指定文化財)に大寄学校として開校しました。最初はお寺で勉強が始まりました。その後、昭和16年に大寄国民学校、昭和22年に大寄小学校になり、今までず~とつながっているとても歴史のある学校です。この学校を更に伝統ある学校にするのは、皆さんの力です。がんばっていきましょう。

 二つ目は、かたちをつくろうです。今みなさんの話を聞く姿勢とても素晴らしいです。話を聞こうとする気持ちが先生にわかります。聞くかたちができています。大事なのは、授業を始めるときも先生に言われなくてもかたちを作りましょう。あいさつも同じです。校長先生はみなさんより先にあいさつをしようとしています。おはようございます。こんにちは。さようなら。相手を見て、声に出すことです。それがかたちです。


 大寄小学校がよい学校になるためよい伝統を作るためそれには「日々前進」、それに必要なことはかたちを作ることです。みなさん、しっかりと取り組んで下さい。以上で校長先生のお話を終わります。


10:43 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/07/03

1学期始業式の言葉

| by:校長

1学期始業式の言葉  「新しいめあてを持って」            H30.4.9

 みなさんおはようございます。今日から新しい1年が始まります。
カレンダーで言うと今日は4月9日ですが、学校のスタートですので1月1日元日に当たります。スタートに当たり校長先生から3つのお話をします。
 1つ目です。今日から1年生だった人は2年生です。2年生は3年生に、3年生は4年生に、4年生は5年生に、  そして5年生は最上級生の6年生になり進級しました。おめでとうございます。
 今日から新しい教室、新しい先生など出会いのある日です。
そして、新しいスタートの時です。みなさん全員が新たな気持ちでドキドキしていると思います。校長先生もドキドキしています。
 さて、この「新しいスタートの時」は新しいめあてを持つ大変よい ときです。この一年間をよりよい1年にするためにも「何をするか」「何を頑張るか」まず自分の目標をしっかり持ちましょう。このあと、新しい先生としっかりと決めて下さい。ちなみに校長先生は、大寄小学校を日本一よい学校にすることをめざします。

 2つ目です。今日はこのあと、新しい1年生が入学してきます。みなさん全員が、1年生にとっては上級生です。よいお兄さん、お姉さんとして、やさしく、親切に面倒を見たり遊んであげたりして下さいね。
 1年生に「あひる」の話をします。「あ」あいさつしましょう。大きな声で。「ひ」ひとりでしましょう。自分のことは。「る」ルールを守って安全に登校下校です。みなさんが上級生としてお手本を見せて下さい。よろしくお願いします。

 最後に3つ目です。今日の入学式に向けて6年生が、4月5日の木曜日に学校へきていろいろな準備をとても一生懸命してくれました。6年生の皆さん起立して下さい。本当にありがとうございました。
さすが、6年生です。本当にありがとうございました。
これで校長先生の話を終わりにします。


10:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)