あどみんの部屋
検索検索

一件も該当データはありません。
 


                                                                                                                  TEL 048-571-0774  FAX:048-571-8221 E-MAIL:ooyori-e@ooyori-e.ed.jp
 

日誌

新規日誌2
12
2018/03/13

3月全校朝会

| by:校長

            3月全校朝会の言葉            h30,2,27

 おはようございます。
3月になりました。平成29年度のまとめの月です。大寄小学校には、いくつかの目標がありました。その一つが大寄小ASAです。「あいさつができる」「先生の話をよく聞き、勉強をする」「ありがとうが言える」の3つです。皆さんの取組はどうですか。しっかり頑張れましたか。また2月中、児童会の役員の皆さんが、元気なあいさつキャンペーンとして朝と給食の時間に呼びかけをしていましたね。こちらの取組はどうでしたか。あとで委員の皆さんが結果を集計してくれるそうです。楽しみですね。
 ところで2月は、梅の花、読書月間でした。どの学年の廊下にいっても梅の木に花びらがたくさんついていましたね。読書目標が達成できたのでしょうか。大寄小学校の読書目標は、1~3年生が100冊、4~6年生が8000ページ、そして梅の花読書月間の目標は、1~3年生が20冊、4~6年生が700ページでした。目標達成しましたか。
 読書は、私たちに言葉という智恵を与えてくれます。読書は私たちに夢や希望を与えてくれます。読書はわたしたちの心を育ててくれます。だから小学校生の時からしっかり本を読みましょう。
 読書とは違いますが、3月4日に深谷市暗唱を楽しむ会がありました。深谷市の小学生が覚えた暗唱を発表してくれました。大寄小学校からも3年生7名と5年生の2名が参加し発表してくれました。9名の児童が学校を代表してすばらしい発表をしてくれました。
 暗唱は、文の意味がわからなくてもいいのです。言葉を繰り返し、繰り返し読むことで、あとで意味もわかってきます。暗唱は、私たちに言葉や文章を頭の引き出しにためてくれます。今、使うことができなくても、いつか役に立つことがあります。そのときのために暗唱もとても大切なことなんです。読書と同時に暗唱することも頑張ってみてください。
 ところで日曜日にピョンチャンオリンピックが閉会しました。日本の選手は、金メダル4個を始め、全部で13個のメダルを獲得し、大活躍をしてくれました。オリンピックに出場した選手たちは、みんな自分なりの目標を小さいときから掲げ、日々練習してオリンピックに参加しています。私たちがはかり知れないほどの練習、努力だったのだと思います。メダルをとった選手もとれなかった選手にも大きな拍手を送りたいと思います。フィギアスケートで金メダルを獲得した羽生選手は、けがからの見事な復活でしたね。この羽生選手は、小学生のとき、作文に19歳でオリンピックで優勝、そして23歳でオリンピック2連覇という夢を書いていたそうです。自分の夢の実現のためにしっかり目標を立て、計画的に練習・努力をしたのだと思います。その結果がオリンピックの2連覇だったのでしょう。すばらしいですね。
 みなさんも今から夢・希望をしっかりもち、そのために努力してほしいと思います。夢・希望がなければ、輝かし未来はありません。まず、夢・希望をしっかりもちましょう。
 最後に3月は、まとめ、締めくくりの月です。皆さん一人一人が、しっかり自分の目標を達成し、6年生は新しい学校、中学校へ進学してください。1年生から5年生は、新しい学年に進級してください。やり残しがないよう、しっかり、まとめ、締めくくりをしてください。やりきった3学期にしましょう。がんばりましょう。



16:17 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/03/13

2月全校朝会

| by:校長

            2月全校朝会の言葉                h30,2,6

 おはようございます。2月になり5日が過ぎました。1月はとても寒く、深谷市でも大寄小学校でもインフルエンザなどのかぜがとても流行りました。大寄小学校では、3年、2年、4年の学級が学級閉鎖になりました。今週になっても、まだ、インフルエンザなどのかぜは、収まっていません。もう一度、みんなで手洗い、うがい、早寝など気をつけていきましょう。
 3学期の始業式の時にお話したように、「戌年」は新しい芽が出てくる年、つまり新しい希望がもてる年だと伝えました。皆さん、新しい希望、夢はみつかりましたか。自分の目標をしっかりもち、努力していくときっと新しい夢、希望が出てくると思います。希望をもち、挑戦しなければ自分を前進させることはありません。しっかり夢、希望をもち、努力していくことが大切です。1年で言うと2月は「逃げる月」、3月は「去る月」と言われます。何もせずにいると1年があっという間に終わってしまいます。自分の目標をしっかりもって、努力し、夢、希望が叶うようにがんばってください。
 ところで今週末から韓国のピョンチャンで冬季オリンピックが開催されます。このオリンピックに参加する選手たちは、それぞれの種目で自分の夢をもち、目標を決め、努力を積み重ねることでオリンピックに参加できているのだと思います。たぶん、私たちが想像もできないほどの努力、練習を重ねた人たちなんだと思います。世界一流の選手たちが想像もできない努力をして参加しているのがオリンピックです。でも、そんな選手も最初は、小さな夢、希望からスタートしていると思います。夢、希望をもったからこのオリンピックに参加できていると思います。皆さんも夢、希望をもつことがスタートになります。早く夢、希望がもてるといいですね。
 最後に昨年も紹介しましたが、野球で世界のホームラン記録をもっている王貞治選手の言葉です。「結果のでない努力は、まだ努力とは言えない」。努力とは、結果がでるまで続けてこそ努力だと言っています。皆さんも夢・希望に向かい、目標を達成するまで努力を続けてほしいと思います。3学期の目標を「大寄小ASA」だと伝えました。「あいさつ・勉強・ありがとう」いつも心がけ努力していますか。3学期の終業式の日、この「大寄小ASA」ができたよという皆さんの声が聞きたいと思います。あと2ヶ月、気を引き締めてがんばっていきましょう。


15:54 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/01/10

3学期始業式

| by:校長

            3学期始業式の言葉          h30,1,9

 おはようございます。そして、新年あけましておめでとうございます。今年は、2学期の終業式でも話しました「戌年」です。戌年の戌は、滅びるという意味があるそうですが、他に前年に燃え尽きた豊かさや幸せの灰の中から、新しい芽が芽生え、グッと成長するという意味もあります。芽を芽生えさせるためには、夢や希望をしっかりもち、目標をもってがんばることが大切です。
 目標は、一つだけではなく、2、3個もつとよいと思います。大きな目標、そして毎日でもできる小さな目標などです。そうすれば長い1年間を頑張れると思います。また、1年の終わりに頑張った自分をほめることもできると思います。物事が芽生え、成長する戌年を、日々努力し自分を前進・進歩させる一年にしてください。

 今日から3学期です。3学期に学校に登校する日は54日です。とても短い学期になります。ぼーとしていると何もせずに終わってしまいます。今日から皆さん、パワー全開で一日一日、しっかり取り組んでください。
 私から3学期の目標を発表します。3学期は1年間のまとめの学期です。ですから、もう一度、最初に戻って次の3つにします。
一つ目は大寄小ASAです。
 A、「あいさつ・返事がいつでも言える」です。
 S、「先生の話をよく聞き、勉強する」です。
 A、「ありがとうが言える」です。

この大寄小ASAは、大寄小が目指す大事な目標です。しっかり達成し、大寄小を深谷市ナンバー1学校にしていきましょう。

二つ目は、学力向上です。
    1学期から皆さんには、一歩前進を目指して努力してくださいと言ってきました。その成果の一つとしての学力の向上です。この3学期に今の学年の勉強をしっかりし、すべてできるようになって進級してほしいと思います。
   
3つ目は、暗唱の完成です
 2学期の終業式のときにお話しましが、4月からの暗唱すべてできた人は、91人です。ぜひ3学期の間に全員が合格できるようがんばってください。

最後に大寄小学校の学期の合い言葉は「前進・完結の3学期」にします。前進を目標にやりきることを合い言葉に1学期、2学期と進めてきましたが、3学期は来年度に残すものはないという意味で目標完結の3学期です。
 それでは、短い3学期ですが、今日から一つづつやりきった3学期にしていきましょう。



10:55 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/27

2学期終業式の言葉

| by:校長

            2学期終業式の言葉        h29,12,22

 おはようございます。
 今日は第2学期の終業式です。終業式というのは、2学期の勉強の締めくくりをし、冬休みを迎える心構えをつくる日です。更に2学期の終業式は、今年1年の締めくくりと同時に新しい年への出発の準備の日でもあります。そんな意味で大事にしてください。
 さて、皆さんは2学期それぞれの夢や目標をもって勉強や運動、学級活動などに頑張ってきたと思います。
 2学期の始業式のとき、私から「飛躍・前進の2学期」を目標に取り組んでほしいと伝えました。覚えていますか。2学期には、行事で言えば、6年親善運動会、運動会、4年音楽会、5年親善球技大会、けやき祭り、持久走大会、もちつき大会など大きな行事がありました。これらの行事に自分なりの目標を決め、やりきり、一歩前進させることができましたか。また、毎日行われた学習や学級活動・当番活動ではどうでしょう。やり残している事はありませんか。一人一人がどんなに小さなことでも目標をしっかりもち、一つ一つをやりきる気持ちで取り組み、少しでも自分を前進させることが大事です。私から見て2学期の行事などは、皆さん一人一人の頑張りがあり、よい2学期、前進できた2学期だったと思います。4月から全校で暗唱に取り組んでいますが、4月からすべて合格している人が157人中91人います。約半分の人ですね。よく頑張っています。6年生の親善運動会では、二人が1位になりました。今までになかったことです。5年生の球技大会では、連勝記録を今年も伸ばすことができました。運動会では、皆さんの演技・競技に地域の皆さんから大きな拍手をもらうことができました。その他の行事でも皆さんのがんばりを地域の方から評価していただくことができました。また、いろいろな作品募集でたくさんの表彰、全部で85枚の賞状を受けることができました。そういう意味でも「飛躍・前進の2学期」は成功だったと思います。
 次に深谷市が取り組んでいる、深谷の子「6つの誓い」の取組はどうでしたか。深谷の子「6つの誓い」はしっかり覚えていますか。思い出してもらうために2年生の皆さん、発表してください。ありがとうございました。2年生のようにいつでもどこでも言えることが「6つの誓い」の取組では大事です。言えないものを取り組むことはできません。しっかり覚えておいてください。「夢・目標」はしっかりもっていますか。「毎日勉強」しましたか。「たくさん経験・体験」しましたか。「進んであいさつ」できましたか。「くつをそろえる」ことができましたか。「心のこもった言葉」をつかいましたか。一人一人2学期を振り返ってください。この「6つの誓い」は、人が学校だけでなく、社会で生活していく上での最低限の行いだと思います。しっかり取り組みましょう。
 さて、とり年の1年が終わろうとしています。来年は、いぬ年です。いぬ年というと動物の犬のことをイメージすると思いますが、本当の意味は、戌という字は滅びるという意味だそうです。しかし、これはなくなってしまうという意味ではなく、燃え尽きた豊かさや幸せが灰の中から、新しい芽生えが起きグッと成長するということを示しているそうです。ですから新しいひとつのことが成長してくる年ということです。来年のいぬ年を皆さんが新しい目標をしっかりもち、それを成長させる1年になればいいなと思います。
 さて、皆さんは、これから教室にいって通知表をもらいます。この通知票には、皆さんの2学期のあゆみが記録されています。あゆみとは、あ・・あなたが歩いてきた足跡を ゆ・・ゆっくり、ゆったり み・・みてみましょう  という意味があります。ですから、通知票で、自分自身のがんばったところを見つけてください。 学習はどうだったか。生活はどうだったか、自分のよいところは何だろう。というように自分のよいところを見つけてください。また、これから何をがんばったらよいのか、を見つけてください。そしてこの冬休みで、悪いところは直し、よいところはもっとよくなるよう頑張ってほしいと思います。
 最後にひとつだけお願いがあります。大寄小学校は、あいさつができる学校、ありがとうが言える学校が目標です。先生たちは、皆さんのよいところをずっとみつけながら、この二週間、夜遅くまで頑張って、通知票を仕上げました。だから通知票をいただくとき、「ありがとうございます」といっていただきましょう。必ず言ってください。校長先生との約束です。
 最後に冬休み中は、病気になったり、事故にあったりしないよう気をつけて、楽しく過ごしてください。1月9日(火)、第3学期の始業式にまた、みんなで元気に会いましょう。


11:18 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/11/16

後期人権旬間

| by:校長

   11月人権旬間の言葉    h29,11,7

 おはようございます。今日は人権についてのお話をします。大寄小学校では、11月7日から12月8日までの2週間「後期人権旬間」として人権について考えてもらういろいろな取組を行います。取組の一つとして皆さんには、人権標語やポスターを作成してもらいます。今日はその人権旬間の前に校長からお話をします。
 人権とは、人が人として生きていくための権利だと言われています。それは、食べることだったり、寝ることだったり、勉強することだったり、遊ぶことだったりします。
違う言葉で言うとみんなが幸せになれるように「命を大切にすること」と「みんながなかよくすること」だと思います。
 みなさん一人一人には、他の人にはない「良さ」をもっています。そのことをみんなでわかり合いましょう。自分には自分にしかない すばらしさがあるということをわかってほしいです。一人一人のよさやすばらしさをわかってあげることが人権を守る第一歩です。
 一人一人を大切にしていくためには、一人一人の心の持ち方が大切です。いつも相手のことを思う心があれば、いじめなどはなくせます。相手のことを思って話をすれば、相手がいやな思いをすることがなくなります。相手の事を思って行動すれば、けんかをすることもなくなります。いつも一人一人が自分と相手の心を大事にしていれば、お互いにいやなことはなくなるはずです。一人一人がいつもあたたかい心をもって生活していれば、自分もまわりのみんなも幸せになると思います。
 大寄小学校では、いじめやけんかのない「笑顔と元気な学校」にしていきましょう。
 最後にみなさんにこの詩を紹介します。本校の校歌を作詞した宮澤章二さん「行為の意味」という詩です。この詩は、東北で起きた震災後によくテレビで流れていたので覚えている人もいると思います。

題名は「行為の意味」

  あなたの心はどんな形ですかと
   人に聞かれても答えようがない
  自分にも 他人にも心は見えない
       けれど本当に見えないのであろうか
  確かに心はだれにも見えないけれど
   心使いは見えるのだ
  それは、人に対する積極的な行為だから
  同じように胸の中の思いは見えないけれど
   思いやりは見えるのだ
  それは、人に対する積極的な行為なのだから
  
  あたたかい心が あたたかい行為になり
  やさしい思いが やさしい行為になるとき
  「心」も「思い」も、初めて美しく生きる
  それは 人が人として生きることだ


 皆さんは、一人一人が宝物です。お互いに大事にしていきましょう。


14:11 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/10/23

運動会

| by:校長

            運動会の言葉           H29,10,8

 おはようございます。
 一昨日の雨で運動会が一日延期されましたが、運動会が開催されることをうれしく思います。今日は、皆さんの熱い思いで雲を吹き飛ばすような運動会になればなと思います。
 また、公私ともどもお忙しいにもかかわらず、小島深谷市長様、高田市議会議員様を始め、多くのご来賓の皆様、そして保護者・地域の皆様のご臨席を賜り、運動会ができますことに感謝申し上げます。ありがとうございます。
 さて、今年の運動会ですが、10月開催ということで2学期が始まり、3週目からの練習開始でしたが、天候に恵まれ、順調に練習が進み、皆さん一人一人がしっかり考え、熱心に取り組む姿がどの学年でも見られました。まだまだ練習は十分とは言えないかもしれませんが、皆さんの熱い気持ちでカバーしてくれるものと期待しています。
 2学期の大寄小学校の目標は、「前進・飛躍の2学期」だと始業式の日に皆さんに話しました。その「前進・飛躍、やりきる2学期」の最初が今日の運動会だと思います。皆さんは、今日の運動会、すべての競走・競技・演技をやりきり、充実した一日にしてください。
 児童会を中心に話し合われた今年の運動会のテーマは「仲間を信じ 力を合わせ勝利をつかめ」です。皆さん一人一人が全力でがんばり抜くことはもちろんですが、仲間を信じ、最後までがんばり抜く子になってください。また、仲間のために一生懸命、応援できる子になってください。夏に行われた世界陸上選手権では、リオディジャネイロのオリンピックに続き、男子の400mリレーでは、「チームジャパン」として力を合わせ、バトンパスの技術で銅メダルを獲得しました。バトンパスは、お互いを信じることでうまくいくものです。4人の信頼関係が日本のめざしたリレーを完成させ、銅メダルになったと思います。また、先日行われた6年生の深谷市親善運動会でも個人で1位が2種目、男子のリレーで3位に入るなど6年生の皆さんが仲間を信じ、一つ一つの競走競技に取り組み、すばらしい成績を収めることができました。
 今日は「チーム大寄」で、すばらしい運動会にしましょう。そして皆さんのがんばる姿をたくさんの人に見ていただきましょう。
 ご来賓の皆様を始め、ご来校いただいた保護者・地域の皆様方、早朝より大変ありがとうございます。どうぞ、子どもたちに温かいご声援をお願いします。また万作保存会の皆様には、何度もご指導いただいたことを、この場をお借りし御礼申し上げます。今年も子どもたち、保護者・地域の皆様と一体となって、万作踊りをしたいと思います。どうぞ、子どもたちと一緒にお楽しみください。
 また、保護者の皆様には、お子様と一緒の親子競技がありますが、けがのないようご協力をよろしくお願いします。
 最後に今日の運動会を開催するために、一昨日は雨のなか、また今日は早朝より準備にご協力いただきましたPTAの理事の皆様、学級委員の皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。
 では、今日一日、楽しく思い出に残る運動会、友情のきずなをつなげる運動会、そして前進・飛躍、そしてやりきる運動会にしましょう。



14:58 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/09/29

いじめ撲滅集会!!

| by:校長

            いじめ撲滅集会           h29,9,26

 おはようございます。
 今日は「心の豊かさ」についてお話をします。「心の豊かさ」ってどんなことでしょう。
 たとえば、音楽を聴いて楽しんだり、絵や彫刻を見て味わったり、スポーツや趣味をして汗を流したりして、自分の人生を豊かにすることがあります。自分の今の生活を楽しもうと前向きに考えることができることも、心が豊かだからこそできることです。
 こうした、自分に関する心の豊かさとともに、他の人と心を合わせて何かを作り上げる、成し遂げることも、豊かな心があってこそ可能になります。今皆さんは、二週間後の運動会に向けてダンスや組み体操、リレーなどの練習をしています。友だちと心を合わせることやお互いを信じ合うことが大切だと思わなければ、組み体操もダンスもバラバラになってしまい、感動を与えることはできません。
 更に他の人との関わりという点で大事だなと思うのは、他の人の心の痛みがわかることです。「これを言ったら友だちは傷つくだろうな」とか、「これをされたらいやだろうな」など、自分で考えることができ、人の心に痛みを与えることを言わない、しないことが、心の豊かさの大切な条件だと思います。
 今、いじめの問題が大きな問題となっていて、国も「いじめ防止対策推進法」という法律を作って、いじめをなくす取り組みを全国で行っています。その一つとして9月は、「いじめ暴力撲滅月間」としていじめや暴力行為を考える、なくす取り組みを行いました。
 いじめの防止に一番効果的なのは、人の心の痛みがわかる人を増やすことだと考えています。そのためには、人の心を思いやる、想像することができる、心の豊かさが大切です。そのためにも、児童会の皆さんを中心に考えた「なかよし宣言」を守っていきましょう。
 人の痛みがわかったら、反対に人が喜ぶことは何かもわかるはずです。皆さん一人一人が「豊かな心」をもち、相手の身になって、お互いがお互いを思いやり、楽しい学校、よい学校を築いていきましょう。


14:51 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/08/29

2学期始業式の言葉

| by:校長

      2学期始業式の言葉           h29,8,29

 おはようございます。
 今日は第2学期の始業式です。一人の転入生を迎え157名の皆さんが、夏休みを事故もなく、大病もなく、元気に登校できてよかったなあと思います。きっと皆さんがこの夏休みをいろいろなことでよい体験、経験を積み、充実していたからだと思います。
 さて、この夏休み中には、スポーツの世界でたくさんの世界大会が行われました。水泳、陸上、レスリングなどで日本の選手が活躍しましたね。特にイギリスのロンドンで世界陸上選手権が開催され、世界の超一流と呼ばれる選手たちの競技が行われ、世界一を争っていました。どの競技の選手たちもすばらしいと思います。特にメダルを獲得した選手の目の輝きがすごいなと思いました。選手たちは、大きな夢を、目標をもって練習に取り組み、努力を重ね、自信をもっているからこそ、あのまぶしいほどの目の輝きがあるのだと思います。日本の選手では、男子50km競歩で銀、銅、男子400mリレーで銅メダルを獲得しました。50km競歩は、3時間を超す長い競技ですが、最後の最後まであきらめずに自分を信じ、攻めた結果でした。とてもすばらしい戦いでしたね。また、男子の400mリレーでは、一人一人の100mの記録ではかなわない選手たちでしたが、4人のチームワーク、バトンパスで銅メダルを獲得しました。チームとしてまとまることで世界と勝負できましたね。とてもすばらしい選手たちでした。日本の選手たちにおめでとうを言いたいと思います。残念だったのが、この大会で競技生活を終わらせるウサイン・ボルト選手でした。今まで世界一のスプリンターとして活躍し、みんなのあこがれであったボルト選手の最後の100m、金メダルをとらせてあげたかったですね。残念でした。
 今日から2学期です。2学期には、運動会、6年生の親善運動会、5年生の親善球技大会、けやき祭り、持久走大会、6年生の修学旅行、それ以外の学年の社会科・生活科見学などたくさんの行事が予定されています。また、2学期は季節もよく、勉強、運動、読書などに向いています。スポーツの選手たちのように、行事や勉強、運動、読書などに皆さんが目標をもって自らしっかり取り組んでください。何かに夢中になり、目を輝かせて取り組んでください。きっと大きな成果を得ることができると思います。
 そこで私からの2学期の目標を言います。2学期の目標は、「前進・飛躍の2学期」とします。1学期の一歩前進から前に大きく飛び立つような飛躍の学期とします。2学期はいろいろな行事もあります。運動や勉強もあります。学級の係活動もあります。家でのお手伝いもあります。何か目標をしっかり決め、一つ一つのことをやりきってください。今、挑戦・チャレンジしていることを満足できるところまでやってみてください。運動でも勉強でも、それ以外のことでも、これ以上、がんばれないというところまでやりきることで皆さんが大きく成長することができます。毎日を充実させ、一人一人が大きく飛躍する、成長する2学期にしたいと思います。前進・飛躍する2学期の最初は運動会です。皆さんの家族、地域の方々にオリンピックなどの日本選手団のように感動を与えられる運動会に、そしてチーム大寄小の力を見せましょう。がんばりましょう。
 2学期の目標を「充実・飛躍の2学期」としましたが、1学期から取り組んでいる「深谷の子、6つの誓い」や「大寄小ASA」「詩などの暗唱」も引き続き取り組みます。特に朝のあいさつは、毎日、全員の皆さんが元気に大きな声で言えるようにしてください。深谷No1のあいさつができる学校にしましょう。
 それでは、「前進・飛躍の2学期」、がんばっていきましょう。



16:53 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
2017/07/24

1学期終業式の言葉

| by:校長

        1学期終業式の言葉      h29,7,20

 おはようございます。
 今日は第1学期の終業式です。終業式というのは、1学期の勉強の締めくくりをし、夏休みを迎える心構えをつくる日です。
 1学期、皆さんはそれぞれの夢や目標をもって勉強や運動、学校行事、学級活動などに頑張ってきたと思います。それぞれの成果はどうだったでしょうか。しっかり成果が上がった人もいれば、もう少しだったなあと思っている人もいることでしょう。でも、まだ終わりではありません。自分の夢、目標はずっと続いていきます。がっばりましょう。

 さて、1学期の始業式や入学式のとき、校長先生から3つのことを目標に取り組んでほしいと伝えました。覚えていますか。1つは、「あいさつ・返事がいつでも言える」。2つ目は、「先生の話をよく聞き勉強する」。3つ目は、「ありがとうが言える」の大寄小ASAでした。この大寄小ASAの取組はどうでしたか。よくできた。または、まあ、よくできたと思う人は手を挙げてみてください。もう一つ、深谷の子「6つの誓い」の取組はどうでしたか。6つの誓い、きちんと言えますか。言うことができなければ、取り組むこともできませんね。誰か言えますか。
 明日から夏休みになりますが、家でもしっかり取り組んでください。
 次に1学期の合い言葉「一歩前進」についてです。1学期、勉強、運動、学校行事、学級活動などやりきりましたか。一つ一つの仕事、勉強をやりきることが皆さんの成長につながります。やりきらない、つまり中途半端に色々なことをやっていても、皆さんの力にはなりません。一つのことを、今取り組んでいることを完璧にやりきったと言える取り組みをしてほしいと思います。やりきったといえることが多ければ多いほど、皆さんが一歩前進したこと、一歩成長したことになります。
 明日から39日間の夏休みになりますが、この39日間を有効に使ってください。

 さて、皆さんは、これから教室にいってあるものを先生からもらいます。2年生以上の人はわかりますね。通信票です。この通信票には、皆さんの1学期のあゆみが記録されています。あゆみとは、あ・・あなたが歩いてきた足跡を ゆ・・ゆっくり、ゆったり み・・みてみましょう  という意味があります。ですから、通信票で、自分自身のがんばったところを見つけてください。
 学習はどうだったか。生活はどうだったか、自分のよいところは何だろう。というように自分のよいところさがしをしてください。そして、これから何をがんばったらよいのか、を見つけてください。そしてこの夏休みで、悪いところは直し、よいところはもっとよくなるよう頑張ってほしいと思います。

 最後にひとつだけお願いがあります。大寄小学校は、あいさつができる学校、ありがとうが言える学校が目標です。先生たちは、皆さんのよいところをずっとみつけながら、この二週間、夜遅くまで頑張って、通信票を仕上げました。だから通信票をいただくとき、「ありがとうございます」といっていただきましょう。必ず言ってください。校長先生との約束です。
 明日から夏休みになりますが、夏休み中、病気になったり、事故にあったりしないよう気をつけて、楽しく過ごしてください。特に深谷市では、1学期に何度も小学生・中学生の交通事故がありました。すべて「飛び出し」です。止まったつもり、見たつもりでは交通事故は防げません。一人一人、しっかり交通ルールを守り、安全に生活してください。8月29日(火曜日)、第2学期の始業式にまた、みんなで元気に会いましょう。一歩前進した皆さんに会えるのが楽しみです。一歩前進の夏休みにしてください。


16:47 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2017/07/07

7月全校朝会の言葉

| by:校長
       7月全校朝会の言葉         h29,7,4
  おはようございます。全校の皆さん、とってもよく声がでていました。今日は、午後、何人かのお客様が大寄小学校の様子を見にきます。見かけましたら元気な声であいさつをしてください。
 今日は2つお話をします。一つ目は、「あじさい読書月間」が先週で終わりましたが、読書のお話です。読書月間の目標は、1年生から3年生が20冊、4年生以上が750ページになっていました。目標を達成できましたか。どうですか。小さいときから本を読む楽しさを知っていることは、とても大切なことですし、小さい頃に読んだ本で心に残っている本は、一生の宝物になります。だからたくさん本を読んでください。
 皆さんの中には、どの本を読んだらよいかわからないという人がいるかもしれません。そういう人は、図書室にいってごらんなさい。いろいろな本があります。目についた本から読んでみましょう。
 二つ目は、最後のまとめをしっかりということです。7月になりました。1学期、最後の月ですし、1学期のまとめの月です。1学期やり残していることはありませんか。勉強、運動、係活動、家のお手伝いなど、まだ間に合います。やり残したことを頑張って取り組みましょう。今年の大寄小学校の目標は、「大寄ASA」と合い言葉の「一歩前進」です。4月のときから比べて、どこが一歩前進しましたか。勉強ですか。体の強さですか。それとも友だちの数ですか。遊びの仕方ですか。4月から比べてここが一歩前進したと言えるといいですね。1学期はまだ1ヶ月あります。正確には学校にくる日は12日です。でもまだ12日あります。最後までがんばりましょう。
 また、夏休みに向けて、やりたいことなど、夏休みの夢や目標をしっかり立てましょう。準備がしっかりできてこそ、楽しい夏休みができます。まとめの月をしっかりすごしてください。 
 最後に交通安全についてです。今までに皆さんにも伝えてきましたが、深谷市ではこの4月から小中学生の交通事故が6件起きています。いずれも飛び出しや前方不注意です。道の角で止まってしっかり車が来ないか確認していますか。止まったつもり、見たつもりでは、交通事故は防げません。ひとつひとつをしっかり行うことが大切です。・・・のつもりでは、自分の命を守れません。交通事故から身を守り、楽しい夏休みを迎えましょう。
 暑いですが、1学期のまとめをがんばりましょう。

16:39 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
12